薄毛に関する病気では甲状腺が関係することもあるの情報ページ

薄毛に関する病気では甲状腺が関係することもある

薄毛に関する病気では甲状腺が関係することもある

薄毛になる原因として思わぬ病気が隠れている場合もあるので注意が必要です。

 

髪の毛が抜ける症状が現れることで有名なのが甲状腺機能低下症です。

 

女性に多く見られる病気で、甲状腺ホルモンの分泌異常などが原因であるとされています。

 

いつでも眠くてだるいという症状が顕著に見られ、体温の低下や皮膚の乾燥、無月経などの症状も見られる中で髪の毛が大量に抜け落ちる場合もあります。また最近ではパソコンによる目の疲れにも関係しているようなそうではないような・・・。

 

脱毛以外に心当たりのある症状が感じられる方は、すぐに病院に行き、検査を受けて適切な治療を受けてください。一般的には甲状腺ホルモンの投与を行う治療が実施される場合が多いです。

 

甲状腺ホルモンは髪の毛の成長を促す働きもあるので、分泌異常が起こることで成長することができずに抜け落ちてしまうことが考えられます。

 

甲状腺機能低下症の治療として甲状腺ホルモンの補充を行うと、脱毛の症状も次第に見られなくなるといわれています。

薄毛に関する病気では甲状腺が関係することもある 関連ページ

有効成分として効果的なエビネエキス
サイトマップ

Page Top