バリア機能を正常に保つために必要な保湿の情報ページ

バリア機能を正常に保つために必要な保湿

バリア機能を正常に保つために必要な保湿

肌のバリア機能を正常に保っていくためには保湿が欠かせません。

 

潤いがある肌は自ら保湿物質を作り出すことができるので角質の中に十分な水分を蓄えています。

 

潤いを十分に保った肌は、様々な外的要因があったとしても正常な状態に保っていられるのです。

 

肌のバリア機能を保つための保湿物質は3つあり、皮脂と天然保湿因子とセラミドとよばれる角質細胞間脂質です。

 

これらが助け合うことで肌の水分を正常な状態に保つ事ができるます。

 

なかでも角質細胞間物質のセラミドは肌の水分を保湿する能力が特に高いため、美肌を保つための鍵とも言われています。

 

角質細胞間物質に保湿成分や美容成分を十分に浸透させ、潤いを保つ事が出来ればスキンケアは完璧ですね。

 

保湿を行うためには基本的なスキンケアが欠かせません。

 

クレンジングと洗顔を行ったあとに、化粧水で十分に水分補給をし、クリームや乳液で水分の蒸発を防ぐのです。

 

特に乾燥が気になる人はより浸透率の高い美容液を使用することをお勧めします。

バリア機能を正常に保つために必要な保湿 関連記事

▲バリア機能を正常に保つために必要な保湿 上へ戻る

バリア機能を正常に保つために必要な保湿 このページの先頭へ戻る